真空管アンプ キット 通販/トランス 販売 秋葉原/真空管オーディオ 格安/昇圧トランス/真空管アンプ 自作 初心者/電源トランス/ダウントランス/オーディオ用パワートランス/管球アンプ 製作 東京

【春日無線変圧器】の歴史と特長

先代の地曳春雄氏が昭和30年頃に、東京秋葉原駅界隈で露天販売を始めました。
当時は、品物を仕入れ、単車やスクーターで商品を運び、秋葉原と自宅を往復し商売している時代でした。

戦後、神田方面から秋葉原駅付近の中央通り沿いに露天販売が賑わい始め、20〜30の業者が秋葉原の高架線の下に集り、ラジオ部品を売り始めました。これがラジオセンターの始まりでした。弊社もそれに参加し【春日無線変圧器】の誕生となりました。

その後、昭和30年代後半には店舗が手狭になり倉庫兼店舗とし、現在の「ニューセンター店」を開業致しました。
それを期に「有限会社 春日無線変圧器」となり、販売店は「ラジオセンター店」、営業/販売「ニューセンター店」と名称を別け現在に至ります。

【春日無線変圧器】の店頭の写真です。

春日無線変圧器の変遷

【春日無線変圧器】は、各種トランス製造・販売専門店で始まり、電気製品が真空管を使用している時代には、低電圧電源トランスを主に製造・販売をしておりました。

真空管ラジオ・アンプ全盛時代は、ラックス・山水・タムラその他メーカー品を卸価格で販売をしておりました。昭和40年頃からトランジスタが主流になると、真空管アンプ等の需要が減りトランスもトランジスタ電源の需要が多くなりました。

春日無線変圧器の主な商品である、トランスの写真です。

記憶の中にある昭和45年頃から50年後半までは、秋葉原ラジオセンター内の通路が土・日祭日は通勤時の“ラッシュアワー”状態が開店から閉店間際まで続く時代でした。

そして、時の流れはバブル時代に突入。海外赴任・輸出製品の為にトランスの需要は昇圧トランス(220v・120v→100v)に、スイッチング電源の時代に移り変わり始めました。
そこで、取り扱い商品も時代の流れとともに、価格は多少上がりましたが、サイズ・重量の軽減品が好まれ、トロイダルコアによる昇圧トランス等が販売されました。

真空管アンプとのかかわり

平成に入ると、トランジスタオーディオの音に物足りない人たちが、真空管の音色がここちよく・・・と見直され始めました。

そのころ、弊社ニューセンター店は、主にメーカー品変圧器・電源等を販売しておりましたが、この頃から「外見よりも音質の充実した格安の真空管アンプ」とのご要望が多くなり、ニューセンター店では初めて真空管アンプ「46パラシングルアンプ」を展示し、新たに真空管アンプ用途の特注電源トランス・オリジナル電源トランス・オリジナル出力トランスの製造販売を始めました。

また、平成5年頃から、新オリジナルシングル出力トランスにオリエントコアを導入し改良、復刻販売しはじめました。

春日無線変圧器で販売している真空管アンプの写真です。

以前のニューセンター店は場所柄認知度が低く、ラジオセンター店の倉庫の時代でしたが、徐々にお得意様が増え始め、2000年頃には真空管の委託販売・主要パーツ販売等を開始しました。

2003〜2005年にかけて、ラジオ技術でもおなじみの長島 勝氏監修による真空管パーツセット「PCL86シングルアンプ」等の発売により、多くのお客様にご好評を頂くようになりました。現在は数多くの真空管アンプキット、各種トランスを手がけております。

春日無線変圧器の特長

【春日無線変圧器】の主な特長は、オリジナルトランスの製造販売です。現在は、真空管アンプの関連商品の中で、特注電源トランス・真空管・コンデンサなど取り扱い商品も広がり、お客様のご要望に対応させて頂いております。

その中でも、特注電源トランス・オリジナル出力トランス・チョークトランスにおいては、仕様・サイズ・内容・価格など高い評価を頂いております。また、真空管アンプキットでは、初心者でも短時間で作ることのできるヘッドフォンアンプをはじめ、コンパクトで魅力のある管球式アンプを中心に多数揃えさせて頂いております。

春日無線変圧器で販売している特注電源トランスの写真です。

秋葉原にお立ち寄りの際は、ぜひ【春日無線変圧器】店頭までお越しください。真空管アンプの試聴もお気軽にご用命くださいますようお願いいたします。

当社では、皆様のご要望に合わせた『特注トランスについて』を承っております。 1個からの製作が可能で、廉価にてご提供しております。

各商品の通信販売についてのお問合せはこちらまで、お願いいたします。お電話でも受け付けております。
TEL/FAX:03-3257-0337(担当まで)

このページの先頭へ戻る

(有)春日無線変圧器

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-16-10 ニュー秋葉原センター1F

営業日 :平日 日曜 祝日
営業時間:10:00-18:30
定休日:毎週木曜日

info@e-kasuga.net(ご連絡先)

supportkit@e-kasuga.net
(パーツセットのサポート はこちらのアドレスへ)

TEL&FAX:03-3257-0337
(担当まで)

【真空管.com】真空管アンプ・真空管オーディオの通販サイト・ポータルサイト:【真空管.com】Webサイトへのリンクバナーです

トランスの販売を目的とし、日本国内の販売のみとさせていただきます。Only domestic customers can take our shipping service.